王子HDが4日ぶり反発、業績上振れ観測報道が買い手掛かりに

 王子ホールディングス<3861.T>が4日ぶりに反発。きょうの日本経済新聞が「13年4~9月期の連結営業利益は前年同期比23%増の270億円前後になったもようだ」と報じたことが買い手掛かりになったようだ。ブラジルのパルプや東南アジアの段ボールなど需要拡大が続き、従来予想を約10億円上回ると伝えている。会社側は取引開始前に「連結業績について報道があったが、当社が発表したものではない」とコメントを出している。

王子HDの株価は10時13分現在442円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)