三菱重が朝安の後プラスに、三菱航空機がP&WとMRJエンジン調達で合意と報じられる

 三菱重工業<7011.T>が朝安の後プラスに転じてきた。9日の日本経済新聞が「傘下の三菱航空機は小型ジェット機MRJの開発で、米航空エンジン大手のプラット&ホイットニー(P&W)から14年春に1号機のエンジンを調達することで合意した」と報じたことが好感されたようだ。MRJは開発計画が遅れていたが、中核部品であるエンジンを確保できることで、15年4~6月を予定している初飛行に向けて前進すると伝えており、MRJの早期事業化が期待された。

三菱重工の株価は10時47分現在557円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)