東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価が上昇幅を広げる

 後場寄り付きの東京株式市場は、日経平均株価が上昇幅を広げる展開となっている。外国為替市場で、1ドル=97円30銭台へと、円安・ドル高傾向が強まっていることが、株価上昇の支援材料となっている。一部で「ブリッカー米商務長官が、“まもなく政府機関の一部閉鎖が解除されるだろう”との見解を示した」と報じられたことがきっかけとなっているようだ。なお、アジアの主要株式市場は総じて堅調な推移となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)