丸栄が反落、第2四半期の最終赤字への減額修正を嫌気

 丸栄<8245.T>が反落。株価は一時、前日比12円安の208円に値を下げた。同社が8日に発表した2014年2月期第2四半期(3~8月)の連結業績は、最終損益が500万円の赤字となり、従来予想の3000万円の黒字から減額修正したことが嫌気された。固定資産除却損を計上したことが響いた。また、百貨店事業も伸び悩み、同期の営業利益は従来予想の2億円から1億8600万円に引き下げられたことも警戒売りを呼んだ。

丸栄の株価は14時31分現在212円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)