日電線が後場終盤になって急騰、8月中間期76%経常増益を好感

 日本電線工業<5817.T>が後場終盤になって急騰。一時、前日比20円(6.6%)高の325円をつける場面があった。午後2時30分に第2四半期累計(3~8月)単独決算を発表しており、売上高21億1700万円(前年同期比0.8%増)、経常利益5900万円(同76.2%増)となった。太陽光発電ケーブルの出荷増が貢献したほか、銅価が前年同期に比べて高値で推移したことが寄与。また、生産拠点の集約効果が示現し利益を押し上げたという。ただし、7日に既に8月中間期業績見込みについては上方修正を発表していることから、利益確定売りも出やすくなっているようだ。
 なお、14年2月期通期業績予想は売上高48億円(前期比4.9%増)、経常利益1億8500万円(同16.4%増)の従来予想を据え置いている。

日電線の株価は15時現在315円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)