NPCは前期赤字継続も今期は売上急拡大で黒字浮上

 エヌ・ピー・シー<6255.T>が9日取引終了後に発表した前13年8月期決算の連結売上高は前の期比52.0%減の45億3000万円、経常損失11億3400万円(前の期11億9400万円の損失)になった。
 ユーザー業界の太陽電池メーカーが新規設備投資に慎重な姿勢を維持、売上げの大幅な減少に伴い、赤字決算が続いた。棚卸資産の評価損や各種引当金の一部を特別損失として計上したことから、営業、経常損失は前回予想よりも縮小したが、最終損失は拡大した。
 今14年8月期は太陽電池モジュール受託加工が本格的に立ち上がることから、売上高は前期比3.9倍の174億4300万円へ急拡大、経常利益2億8600万円を見込むなど、損益も営業から最終段階まで黒字転換を見込む。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)