東京個別が14年2月期業績予想を上方修正、新規教室開校やテレビCMで入会者数増加

 東京個別指導学院<4745.T>がこの日の取引終了後、14年2月期の単独業績見通しを従来予想の売上高137億4700万円、経常利益9億400万円から、売上高142億1100万円(前期比9.2%増)、経常利益11億8400万円(同63.8%増)に上方修正した。5教室の新規教室開校や春先の同社初となるテレビCMの実施など新規生徒獲得につながる施策を実施した結果、上期において新規入会者数が大幅に増加したほか、夏期講習会も好調であったことが要因としている。
 なお、同時に発表した第2四半期累計(3~8月)決算は、売上高66億8800万円(前年同期比7.9%増)、経常損益7700万円の赤字(前年同期2億3000万円の赤字)となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)