【売り】バリューコマース<2491>直近の急騰に対して高値が重いと見る=中原

【売り】バリューコマース直近の急騰に対して高値が重いと見る
今回の注目銘柄は、バリューコマース です。

バリューコマース:成果報酬型興国であるアフィリエイト・サービスのプロバイダ。ヤフーの関連会社。顧客サイトに対してSEOサービスも行う。

10月7日に親会社であるヤフーが運営するサービス「Yahoo!ショッピング」および「ヤフオク!」において、ストア出店料の無料化などの新戦略を発表。利用拡大による広告収入の増加が期待できることから、バリューコマースは連日の高値更新となりました。

その一方で、10月9日は株価が上昇したものの1,500円付近の高値は重い様子。上ヒゲは株価の3%以上もあることから、売りの圧力も強まっていると考えられます。

加えて、予想PER45倍以上で、サービス業平均値の2倍強であることから過熱気味。これらを総合し、調整に入ることを期待して「短期的に売り」と判断しました。

続伸となる可能性も十分あるため、ロスカットの設定をしておくのが無難だと思われます。(なお、ロスカットを前日高値+1Tickの位置に設定することで期待値が0.2%向上することが検証で得られています。)

=====
今回利用した戦略「過熱銘柄反転売り戦略」の検証結果
検証期間:2000年1月4日~2013年10月10日
取引回数:9203回
対象:全銘柄

【寄成→引成の取引を行った場合】
勝率:68%
勝ちトレード平均利益:4.8%
負けトレード平均損失:6.9%
期待値:1.1%
=====