◆9日の米株式市場の概況 NYダウ3日ぶり反発、ナスダックは3日続落

 9日の米株式市場はNYダウが3日ぶりに反発し、前日比26.45ドル高の1万4802.98ドル、ナスダック総合指数は同17.05ポイント安の3677.78と3日続落して取引を終了した。オバマ大統領が、予算案などの財政問題をめぐり共和党の幹部と10日にも協議すると伝わったことで、連邦債務の上限引き上げ問題で与野党が合意に近づくとの期待感が高まり、投資家のリスク回避の動きがいったん和らいだ。ただ、先行き警戒感は依然根強く、上昇の勢いは限られた。なお、ハイテク株の比率が高いナスダック総合指数は、ボーダフォンやアマゾン・ドットコム、アムジェンなどが下げ、指数の重しとなった。出来高概算はニューヨーク市場が7億3237万株、ナスダック市場が21億7768万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)