松竹が買い優勢、3~8月期業績の大幅増額観測で

 松竹<9601.T>が買いを集めている。同社の13年3~8月期の連結営業利益が前年同期比約2.5倍となる50億円前後だったもようと10日付の日本経済新聞が報じており、会社側の従来予想である37億円から10億円以上も上乗せされる見通しで、これを好感する形で大きく買いが優勢となっている。今春建て替えた歌舞伎座でのこけら落し講演が好調で収益を押し上げている。14年2月期通期の業績については3~8月期の進捗率が9割を超えることから、大幅増額の公算が大きいとみられている。

松竹の株価は9時4分現在957円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)