大和ハウスが続伸、海外初の低層工業化住宅部材の現地生産を開始

 大和ハウス工業<1925.T>が続伸。同社は9日付で、グループ会社である大和房屋(中国)投資有限公司と中国で総合建設業、不動産開発事業などを展開している宝業集団(本社・中国浙江省)が9月27日に、宝業大和工業化住宅製造有限公司(本社・中国浙江省)を設立し、10日より低層工業化住宅部材(軽量鉄骨の柱や梁、トラス、外壁パネル、屋根パネル等)の現地生産を開始することを発表している。同社が海外で住宅用部材の工場を開設するのは初めてで、部材販売の第一弾として14日より、宝業集団のデベロッパーである紹興宝業四季園房地産有限公司のモデルルーム(17棟)向けに部材供給を行う予定。

大和ハウスの株価は9時44分現在1784円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)