米国は問題解決へと向かうのか

ドル円97円後半への続伸を期待
昨晩、注目のFOMC議事録でしたが

「大半のメンバーが年内の緩和縮小と来年半ばの停止を想定」
「複数のメンバーにとって緩和縮小見送りは比較的ぎりぎりの決定だった」

この文言を受けて、一瞬昨日東京・欧州時間の高値である97.50円を突破し、
97.65円まで上昇しましたが、9月と状況が変わってきているということで、
反落し元のレンジに戻りました。

本日は債務上限問題の話し合いをホワイトハウスで行うということもあり、
解決への期待感は持続。
結果、株高・ドル買いへ傾くのではないでしょうか。

まずは97.50円以下で打診買いからはいり、明確に突破してくれば本格的に買っていき
98円への回復を期待したいところです。

ドルの巻き戻しがどこまであるのか。
本日の東京市場は上昇への期待が持てますね!