ヤマハ発は小幅安、SMBC日興証は目標株価を1500円に引き上げ

 ヤマハ発動機<7272.T>が小幅安。SMBC日興証券は9日付リポートで投資判断を「3」を維持、目標株価を従来の1350円から1500円に引き上げた。
 リポートでは「同社の13年12月期第3四半期累計は、営業利益で前年同期比94%増の440億円を予想する。13年12月期第3四半期の営業利益は、約7倍の140億円程度となる水準。2013年7~8月累計の販売状況は、米国では、二輪車、ATV(四輪バギー)、船外機それぞれ増加。また、新興国市場でも、第2四半期で営業赤字を解消したインド、インドネシアでは増加。二輪車の国内生産も増加に転じたほか、円安効果なども寄与もあり、第2四半期に続き、前年同期比で大幅増益となろう」としている。

ヤマハ発の株価は10時10分現在1376円(▼16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)