大日本住友が出直る、抗がん剤BBI608の米販売会社設立を好感

 大日本住友製薬<4506.T>が出直る動き。同社は9日、大引け後に米国持株会社の完全子会社として、米国に抗がん剤の販売会社を設立することを発表したことが好感されている。
 米国子会社のBoston Biomedical(BBI社)が創製した抗がん剤BBI608は現在、第3相国際共同臨床試験を実施しており、目標としている2016年3月期の販売開始へ向けて順調に開発が進行している。抗がん剤の販売には高度な専門性が求められるため、既存の米国子会社とは独立した新会社形式で抗がん剤に特化した販売体制・組織の整備を進めており、今回の販売会社は、開発が成功した場合の米国内での販売を担うことになる。

大日本住友の株価は10時45分現在1333円(△38円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)