くろがね工作が反落、通期増益予想を据え置くも第3四半期大幅減益で計画未達を警戒

 くろがね工作所<7997.T>が反落。9日に発表した今13年11月期の第3四半期(12年12~13年8月)決算の連結売上高は前年同期比6.8%減の75億5400万円、経常利益は同39.5%減の5000万円と減収大幅減益になったことが嫌気されている。主力のオフィス家具が伸び悩み利益率が低下した。通期の売上高は前期比1.0%増の108億円、経常利益は同30.8%増の1億7000万円と前回予想を据え置いたが、第3四半期時点の経常利益の進捗率は29.4%に過ぎず計画未達が警戒されたようだ。

くろがね工作の株価は10時43分現在101円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)