創通が4日続伸、ガンダム効果などで前8月期2ケタ増収増益

 創通<3711.T>が4日続伸。同社は9日、前13年8月期決算を発表、連結売上高207億4400万円(前の期比14.3%増)、営業利益32億9500万円(同19.7%増)と2ケタ増収増益を達成したことが好感されている。継続番組である「それいけ!アンパンマン」や「カードファイト!!ヴァンガードリンクジョーカー編」などに加えて、作品のヒットによりシリーズ化された「這いよれ!ニャル子さんW」や「ふたりはミルキィホームズ」などのテレビアニメーション番組をプロデュース。加えてグループの主要キャラクターである、「ガンダム」シリーズの人気も継続しており、ソーシャルゲームや遊技機にかかわる広告収入も寄与している。
 続く今期は、10月から放送がスタートした「ガンダムビルドファイターズ」や、2014年に最終話の上映・OVA販売が予定されている「機動戦士ガンダムUC」といった映像作品と連動したグッズ販促などを推進する。通期は売上高220億円(前期比6.1%増)、営業利益33億円(同0.1%増)を計画、配当は、前期の年60円の期末一括配当から、今期は中間期に30円配当を実施、期末の30円と合わせて前期と同額の60円の配当を予定している。

創通の株価は10時58分現在2925円(△64円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)