グローブライドが後場一段高、4日の年初来高値192円に急接近

 グローブライド<7990.T>が後場に入って一段高。一時、前日比16円高の188円まで買い進まれている。今月4日につけた年初来高値の192円に急接近してきた。
 同社は釣り関連用品のトップメーカーとして知られる一方で、テニス、ゴルフなどスポーツ用品でも高いブランド力を持つことから「低位の五輪関連株の一角」との見方もあるようだ。10月に入って、全体相場が調整色を強めるなかで、五輪関連銘柄の多くは調整を強いられている。そのなかで、グローブライドは連日の大商いを伴って異彩の頑強推移となっている。
 10月4日申し込み現在の信用残高は、前週に比べて売り残、買い残とも大幅に増加して、信用倍率は2.22倍となっている。なお、午後2時20分現在の売買高は3000万株超の大商いとなっている。

グローブライドの株価は14時22分現在177円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)