メディアは13年8月期増益確保も値を消す

 メディア工房<3815.T>が一時8000円高の15万5000円まで買われるものの次第に値を消す。午後2時ごろに13年8月期決算を発表しており、売上高24億4500万円(前の期比7.4%減)、営業利益6億8900万円(同8.5%増)、純利益3億9800万円(同14.9%増)と従来予想の営業利益6億4000万円を上回る増益を確保した。従来型携帯電話向けコンテンツの減少から売上高は減収となったが、スマートフォン向けコンテンツは「LINE占い」への人気占いコンテンツの提供などで好調が続き、これが利益を押し上げた。
 続く14年8月期業績予想は未公表となっているが、引き続きスマートフォン対応の強化を図る方針。また、新規事業分野への進出や、シナジーが見込まれる企業のM&Aを積極的に推進するとしている。
 なお、13年8月期好決算に伴い、期末一括配当を従来予想2250円から2450円に引き上げている。

メディアの株価は14時32分現在14万3800円(▼3200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)