ベスト電が14年2月期業績予想を下方修正、AVやOA商品などが低迷

 ベスト電器<8175.T>がこの日の取引終了後、14年2月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1926億5200円、経常利益37億7100万円から、売上高1790億800万円(前期比2.9%減)、経常利益30億2700万円(前期35億7900万円)に下方修正した。上期において、冷蔵庫やエアコンなど白物商品は前年同期を上回ったものの、AVやOA商品などのを中心とした主要商品が大きく低迷したことが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)