ファーストリテの13年8月期、海外事業好調で最終26%増益

 ファーストリテイリング<9983.T>は10日、13年8月期通期の連結決算を発表した。売上高は前の期比23.1%増の1兆1430億300万円、最終利益は同26.1%増の903億7700万円だった。海外ユニクロ事業が好調に推移したほか、為替の円高修正に伴い外貨建て資産などの為替差益が利益を押し上げた。売上高は初の1兆円大台乗せとなった。また、好業績に伴い期末配当を従来予想に10円上乗せし150円とすることも発表した。これにより年間配当は290円となり、前期実績から30円の増配となる。14年8月期の連結業績見通しについては、売上高が16.4%増の1兆3300億円、最終利益が前期比1.8%増920億円を見込んでいる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)