【レンジ推移】もしかして? OANDA Japan 佐藤 甲

【予想レンジ】97.10 – 98.50  【予想時刻】2013年10月10日 19:00
ドル円は昨日深夜のFOMC議事録の内容を受けて上下動しましたが、結局終わってみればほぼ同水準へ戻ってくるという動きの後、米財政問題早期解決に向けての希望が出てきたことから再上昇、株価も堅調な推移となったことから97円後半での推移となっています。本日も米財政問題中心の嫌な展開が続きそうです。このまま希望が膨らむと98円台も想定できますが、失望に変わるとまた叩き落される可能性もありえます。逆にこのまま、決着が近づくような報道が出るとマーケットが一時的に過剰反応する可能性もありえます。本命は今日もダラダラなレンジ推移を予想しますが場合によってはさらに上昇という可能性も十分にあると思われます。