ドル円、上げ材料を欲している?!

マーケットコンディション
昨日のドル円は、97.32円で始まり、じりじりと買われる展開となった。
NY時間、米新規失業保険申請件数がネガティブな数値となり、売り込まれる
場面もあったが、NYダウや日経平均先物の上昇を受けドル円も上昇し
98.26円の高値を付ける。
上院下院の問題も収束に向かう可能性が出てきたこともあり、買い方優勢な
展開となり、98.16円でクローズをむかえた。

ドル円、上げ材料を欲している?!
日足ベース3本連続陽線で引け、目先の安値が10/8の安値96.56円と見える。
テクニカル的には、9/11の高値100.60円から10/8の安値96.56円に対して
38.2%戻しの98.10円をクリア。次の目標が50%戻しの98.58円となり、その
次が61.8%戻しの99.06円(9/26の高値99.13円)近辺になるのではないか。
要人発言や指標発表等もあるが、直近の下げ局面での愚図つき感から予測すると
マーケットは、上げ材料を欲しているのではないか。
☆戦略
買い

ポイントレベル

103.73(5/22の高値)
102.50(5/24・5/28・5/29の高値50アラウンド)
101.87(93.79-98.68-96.96:エクスパンション100%戻し)
101.27(7/8の高値)
100.86(7/19の高値)
100.60(9/11の高値)
100.00
99.06(9/11H100.60-10/8L96.56の61.8%)
98.58(9/11H100.60-10/8L96.56の50.0%)
-------------------------------------------------------
97.31(10/10の安値)
96.56(10/8の安値)
95.92(8/12の安値)
95.79(8/8の安値)
95.58(7/8H101.53-7/11L98.27-/19H100.86の161.8%)
93.79(6/13の安値)

注)本日の予想は10月11日9:30に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。