ザインは朝高のあと値を消す、中小液晶パネル向け半導体事業への参入を発表

 ザインエレクトロニクス<6769.T>は一時、前日比148円高い1645円まで買い進まれたものの次第安の展開。この日の朝方、中小型液晶パネル向け半導体事業に参入すると発表しており、これを好感した買いが入った。パネルの駆動や画像表示に必要な半導体をセットで提供する。車載やタブレット、産業用機器などで用いられる中小型液晶パネル向けに、表示制御用LSIや電源制御用LSI、およびLEDドライバからなるトータルソリューションを提供。半導体を別々に調達するよりコストを低減できることをアピールし、タブレットや車載機器、複合機メーカーなどに売り込むとしており、一部報道では19年3月期に中小型液晶パネル向け半導体で10億円超の売り上げを目指すとも報じられている。

ザインの株価は11時10分現在1495円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)