センチメントに変わりなし!ドル円99円を目指す展開

オバマ大統領のちゃぶ台返し!
今朝7時過ぎに伝わったニュースによると、

「オバマ大統領が、共和党の短期の債務上限問題引き上げ提案を拒否」

という内容でした。
この報道で、ドル円は98.30円台から急落し、97.92円まで下落しました。

報道によると、
「閉鎖期間を再開させないと話し合いには応じない。」
とコメントしているようです。

しかしながら、
「話し合いは継続」ということからセンチメントに変化はないようで、昨日の新規失業保険申請件数の下落が良い押し目になったように、日経が始まると同時に上昇は加速。
前日高値を突破し、98.50円まで上昇しています。

レジスタンスラインはありませんので、心理的節目である99円手前まで上昇余地は十分あると思いますので、利益確定はもう少し我慢したいところです。

ストップロスは99.20-30円に繰り上げて、日本時間後場へ。
クロス円全体が上げていますので、完全にリスクオンになったと考えて良さそうです。