フロイントが急反落、8月中間期営業利益が期初計画下回る減益で

 フロイント産業<6312.T>が急反落。10日引け後に発表した第2四半期累計(3~8月)連結決算が、売上高88億8100万円(前年同期比2.3%増)、営業利益8億4300万円(同5.6%減)、純利益4億7000万円(同27.2%増)となり、営業利益が当初予想の8億6000万円を下回ったことが嫌気されているようだ。機械事業は堅調な受注や高利益率案件の寄与で好調だったものの、医薬品の添加剤や栄養補助食品などを手掛ける化成品事業が円安による輸入原料の価格上昇などの影響を受けて減益を余儀なくされた。
 なお、14年2月期通期業績予想は売上高185億円(前期比12.8%増)、営業利益17億5000万円(同19.0%増)、純利益9億5000万円(同24.1%増)を見込む。

フロイントの株価は12時49分現在1798円(▼110円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)