アドアーズが急反発、カジノ関連法案提出への期待で物色人気再燃

 アドアーズ<4712.T>が急反発、一時前日比27円高の233円まで買われた。来週予定される秋の臨時国会にカジノ解禁に向けた法案が提出される可能性から、カジノ関連株の一角として投機性の強い個人投資家資金などが再流入している。同社はJトラストが同社株式の4割強を保有する筆頭株主で、多角展開する同グループの非金融部門拠点として重要な位置を占める。アミューズメント施設を運営するほか、子会社で景品製作なども手掛けていることから同社の事業機会拡大思惑につながっている。今3月期は最終利益で前期比3.6倍の6億円を見込むなど業績回復が急だ。また、同じくカジノ関連としての切り口で日本金銭機械<6418.T>なども値を飛ばしている。

アドアーズの株価は12時58分現在229円(△29円)
日本金銭機械の株価は12時58分現在2242円(△146円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)