<後場の注目銘柄>=東洋機械、IT機器向けが好調

 東洋機械金属<6210.T>は9月24日に413円の年初来高値をつけた後に調整となっていたが、10月8日に50日線割れとなる332円まで売られた後は下げ止まる動き。PBR0.7倍の時価は見直せそうだ。

 日立系の精密機械メーカーで、射出成形機や光ディスク成形機、ダイカストマシンを展開している。ダイカストマシンはスマホやタブレット端末などIT機器向けの中小型機が大幅に増加、円安効果で海外での自動車関連の引き合いも活発化している。高水準の受注から今14年3月期は7月25日に通期連結営業利益を当初計画の9億円から9億8000万円(前期比1.3%増)に増額しており業績は好調だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)