PCNETが後場S高カイ気配、第1四半期実績が上期計画を上回る

 パシフィックネット<3021.T>が後場に入りストップ高カイ気配。午後1時ごろに発表した第1四半期(6~8月)連結決算が売上高9億400万円(前期比12.4%増)、営業利益7400万円(同8.4倍)、純利益4900万円(同9.0倍)となり、上期計画の売上高18億4900万円(前年同期比12.6%増)、営業利益5800万円(同73.3%増)、純利益4100万円(同3.2倍)を利益面で上回ったことが好感されている。マイクロソフトのOS「ウインドウズXP」のサポート終了による代替需要が進み、中古情報機器などの入荷台数が増加傾向にあることが追い風となり、引取回収・販売事業が好調に推移した。
 なお、14年5月期通期予想では、売上高38億8700万円(前期比12.4%増)、営業利益2億1300万円(同48.1%増)、純利益1億1300万円(同59.5%増)の従来予想を据え置いている。

PCNETの株価は13時27分現在670円(△100円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)