栗田工が14年3月期予想を下方修正、顧客工場の操業度低迷など響く

 栗田工業<6370.T>は11日、2014年3月期連結業績予想の下方修正を発表した。売上高を従来予想の1910億円から1760億円(前期比2.3%減)に見直したほか、経常利益は240億円から158億円(同28.3%減)、純利益は140億円から90億円(同21.6%減)に減額した。顧客工場の操業度の回復が遅れたほか、海外での電子産業向け装置案件の着工の遅れや不良採算案件の発生が収益押し下げの要因となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)