NJKが第2四半期業績予想を修正、最終損益は赤字幅縮小

 エヌジェーケー<9748.T>は11日、2014年3月期第2四半期(4~9月)の連結業績の修正を発表した。売上高は、従来予想の47億5000万円を47億4300万円(前年同期比1.2%増)に減額したが、経常損益は7000万円の赤字が100万円の赤字(前年同期は1800万円の黒字)、最終損益は7500万円の赤字が3800万円の赤字(同1600万円の赤字)に改善した。オリジナルパッケージ開発とマンション管理ソリューション関連で、大型案件の検査や確認などを行ったことが収益に寄与した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)