ジェーソン、競争激化で第2四半期営業利益10%減

 ジェーソン<3080.T>が11日取引終了後、14年2月期第2四半期累計(3~8月)決算を発表した。売上高は102億8200万円(前年同期比0.6%減)、営業利益は2億1900万円(同9.8%減)、純利益は1億3700万円(同8.7%増)となった。低価格志向の消費者に応えるため、割安な生活必需商品の品揃えを強化したことで、収益を圧迫し営業利益ベースで大幅減益となった。ただ、通期見通しについて、営業利益2億4000万円(前期比3.8%減)を据え置いているが、第2四半期時点で進捗率は約91%に達している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)