ニコンが反落、4~9月期営業54%減との報道を嫌気

 ニコン<7731.T>が4日ぶり反落。同社の13年4~9月期の連結営業利益が前年同期比54%減の170億円程度になったもようと12日付の日本経済新聞が報じており、これを嫌気する売りが先行している。主力のデジタルカメラが、写真の高画質化が進んだスマートフォンの普及加速の影響を受けて販売不振だった。また、海外向けも景気回復の遅れが足を引っ張っている。株価は前週末まで底値離脱の動きをみせていたが、足もとは利益確定の売りに押されている。

ニコンの株価は9時11分現在1794円(▼27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)