ユナイテド海が急反発、配船効率の向上など奏功し9月中間期業績予想を上方修正

 NSユナイテッド海運<9110.T>が急反発し年初来高値を更新。前週末11日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)について、従来予想の売上高720億円、経常利益26億円を上回り、売上高760億円(前期比13.7%増)、経常利益38億円(前年同期13億6700万円の赤字)になりそうだとの上方修正を発表したことを好感した買いが入っている。8月後半よりドライバルク運賃市況が上昇基調にあることが限定的ながら損益改善につながっているほか、ドル円相場が安定的に推移したことや、配船効率の向上などの営業努力を継続して行ったことが寄与したとしている。

ユナイテド海の株価は9時31分現在310円(△29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)