米財政協議の進展具合と株価を見ながら=外為どっとコム総研 川畑琢也

米財政協議の進展具合と株価を見ながら
昨日のドル/円相場は、NY市場にて米民主党のリード上院院内総務などの発言を受けてNYダウ平均株価がプラス圏を回復すると、引けにかけて上昇。本日朝8時すぎに一時98.69円の高値を付けている。

この後も引き続き、ドル/円相場を動かすのは米財政協議を巡る与野党間の交渉の行方となろう。
米財政協議への進展期待を高める発言が出れば、直近の高安(9/11高値100.61円~10/8安値96.56円)の61.8%戻しにあたる99.06円突破を視野に入れた上伸が予想される。ただ、目立った進展がなく主要国株価が下落するようだと、ドル/円相場に下押し圧力が掛かる事も考えられる。