ソフトバンクが3日続伸、年初来高値を再び視界に

 ソフトバンク<9984.T>が3日続伸、きょうも売買代金トップと物色人気旺盛で10月3日の年初来高値7540円を再び視界に捉えてきた。引き続き同社が約37%出資する中国電子商取引大手のアリババの上場接近観測が株価を刺激している。また、本業も順調で9月の携帯電話契約件数は純増数27万700件と3メガキャリアの中でトップとなっており、これも上値追いを後押ししている。足もとの時価総額は8兆8250億円前後と三菱UFJ(9兆200億円)の後塵を拝しているものの、差はわずかで、東証1部の時価総額2位を争う展開が続いている。

ソフトバンクの株価は10時19分現在7350円(△120円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)