ビックカメラが4日続伸、長短移動平均線がGC示現

 ビックカメラ<3048.T>が4日続伸、5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現から中段もみ合いを上に抜けてきた。同社は前期地上波デジタル移行の特需反動により落ち込んだ業績の立て直しが急だ。仕入れ条件の改善による売上総利益率の向上や、経費削減努力が結実、13年8月期通期の連結営業利益は従来予想の90億円から130億4000万円(前の期比3.2倍)に大幅増額した。14年8月期の営業利益も2ケタ増益をキープできる見通し。PER面での割安感に加え、信用取引も信用倍率が1.2倍台と拮抗していることがプラスに働いている。

ビックカメラの株価は10時41分現在4万7000円(△700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)