高島屋が堅調、三菱UFJMS証は目標株価を1000円に引き下げ

 高島屋<8233.T>が堅調。三菱UFJMS証券は11日付リポートで投資判断について「ニュートラル」を維持。ただし、目標株価は従来の1050円から1000円と小幅に引き下げた。
 リポートでは「中間期の連結営業利益111億円は期初会社計画比で9億円超過、未達を想定していた当証券予想比で11億円の超過達成となった。単体の粗利率不振を中間期末の人件費その他の抑制が上回った形。上期実績を反映し会社側は通期計画を営業利益280億円から290億円と増額修正した。ただし、競合他社のJ.フロントリテイリング<3086.T>は25億円増額、三越伊勢丹ホールディングス<3099.T>は第1四半期決算時点で既に25億円増額済みに遅れを取っていることなどから、当証券ではネガティブとみる」としている。

高島屋の株価は12時35分現在926円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)