アクロディアが4日続伸、KLabからのSI事業譲受を材料視

 アクロディア<3823.T>が4日続伸。前週末11日の引け後に、KLab<3656.T>から「コンシューマ向けコンテンツの提供を行う顧客に対する、大規模システムのインテグレーションサービス」事業を3億5000万円(予定)で譲り受けると発表しており、これによる業績押し上げを期待した買いが入っている。
 KLabでは、経営戦略の一環としてゲーム事業への集中に伴い、SI事業の譲渡を戦略的な選択肢としていたが、一方でアクロディアはは中核としているモバイルソリューション事業のさらなる成長のための施策を模索しており、双方の思惑が一致した。今回の事業譲受により、アクロディアはキャリアグレードのサーバー運用業務のノウハウを確保し、既存プラットフォーム事業の営業と運用の両面を補完できるとともに、顧客に対するビジネスの新規開拓が相当程度を見込めるとしており、今後の企業価値向上につながると見込んでいる。

アクロディアの株価は12時41分現在5万1100円(△1200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)