<後場の注目銘柄>=CKD、薬品包装機械が好調

 CKD<6407.T>は省力・自動機械の大手で、薬品包装機械、半導体用薬液制御機器などで高シェアを占めている。

 同社の14年3月期は、主力の薬品自動包装システムが、ジェネリック医薬品普及促進と医療用医薬品安全対応に向けた設備投資の拡大に伴い順調に拡大。さらに、薄型パネルディスプレー製造装置向け機器製品の需要増加も見込まれる。今期の連結業績を同社では、売上高730億円(前期比12.3%増)、営業利益60億円(同84.9%増)と大幅な増益を見込む。

 株価は9月下旬から全般相場が調整色を強めるなか、堅調な推移をみせ、5月22日の年初来高値930円に肉薄してきた。ただ、PERは14倍台と割高感はない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)