今夜から明日の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜から明朝の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は朝に98.70円台まで上昇するも、その後はジリジリと上げ幅を縮小しました。
この後の展開について、予定されている経済イベントを確認しつつ、考えてみましょう。

10/15(火)
17:30☆(英) 9月消費者物価指数
17:30 (英) 9月生産者物価指数
18:00 (英) ウィールMPC委員、議会証言
18:00☆(独) 10月ZEW景況感調査
18:00 (ユーロ圏) 10月ZEW景況感調査
21:00 (米) シティ・グループ第3四半期決算
21:30☆(米) 10月ニューヨーク連銀製造業景気指数
23:00 (米) ダドリー・ニューヨーク連銀総裁、メキシコで講演
26:00 (ユーロ圏) プラートECB専務理事、講演
29:00~(米) インテル決算
-- EU財務相理事会

10/16(水)
06:45☆(NZ) 第3四半期消費者物価
※☆は特に注目の材料

注目イベントは複数ありますが、やはり市場が最も注目しているのは米財政問題になります。与野党協議に目立った進捗があれば、ドル/円は再度反発すると考えられます。
それによってリスクオンムードが広がれば、クロス円も上昇するでしょう。