大分銀が14年3月期業績予想を増額修正、与信費用などが予想下回る

 大分銀行<8392.T>は15日、2014年3月期連結業績予想の増額修正を発表した。経常収益(売上高に相当)は、549億円を604億円(前期比15.8%増)に見直したほか、経常利益は81億円から150億円(同2.05倍)、純利益は56億円から92億円(同78.4%増)へ増額修正した。与信費用や有価証券の償却費用が予想を下回ったことが収益に寄与した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)