新日鉄住金は小動き、野村証が目標株価を355円に引き上げ

 新日鉄住金<5401.T>は前日終値の343円近辺での小動きとなっている。野村証券が15日付リポートで投資判断「ニュートラル」を据え置きながらも、目標株価を従来予想の300円から355円へ引き上げている。
 リポートでは「高炉メーカーの中では、統合効果による収益基盤の強化が進んでいる点や、国内の需要増を取り込みやすい点など、相対的には高い評価をしている。14年3月期の経常利益予想を3300億円から3700億円へ400億円上方修正する。上方修正の要因は、鋼材マージンの見方の変更でプラス240億円、在庫評価損益の改善でプラス120億円、関係会社他で残りのプラス40億円である。国内の鋼材単価について、大手のひも付きの見方に大きな変更はないものの、店売り市況の上昇が順調に進む点や品種構成の改善が進む影響を織り込んだ」としている。

新日鉄住金の株価は10時45分現在341円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)