クリレスHDが急反発、22日付で東証1部市場に市場変更、記念配も実施へ

 クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387.T>が急反発。15日の取引終了後、東京証券取引所の承認を受けて、10月22日付で東証1部へ市場変更することになったと発表しており、これを好感した買いが入っている。また、これに合わせて14年2月期の期末配当を普通配当30円に記念配当6円を加えて36円にすると発表しており、これも好感されているようだ。なお、中間配当と合わせて年間配当は66円(従来計画60円、前期48円)となる。
 なお、11日に発表した第2四半期累計(3~8月)連結決算は、売上高238億3200万円(前年同期比27.1%増)、経常利益23億2300万円(同27.4%増)となった。景況感の好転で既存店売上高の落ち込みが小さかったほか、イートウォークの26店舗、SFPダイニングの91店舗が新規に連結化したことも寄与した。14年2月期通期業績予想は売上高520億円(前期比39.9%増)、経常利益43億円(同52.1%増)の従来予想を据え置いている。

クリレスHDの株価は11時30分現在2801円(△137円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)