東京海上が反発、グループ会社再編報道が買い手掛かりに

 東京海上ホールディングス<8766.T>が反発。16日の日本経済新聞が「傘下の東京海上日動あんしん生命保険と東京海上日動フィナンシャル生命保険を14年10月に合併させる方針を固めた」と報じたことが買い手掛かりになったようだ。あんしん生命を存続会社として社名も残し、フィナンシャル生命の契約を引き継ぐ。生保事業の統合で事務管理コストを低減するとともに商品開発力を高めると伝えており、グループ事業の収益性向上が期待された。

東京海上の株価は11時30分現在3180円(△100円)