午前:債券サマリー 先物は小動き、米財政協議の行方探る展開に

 16日午前の債券市場では、先物中心限月12月限は小動き。米財政協議が近く合意に達するとの期待感が高まったが、不透明要因も多く方向感に欠ける展開となった。
 債券先物は144円23銭でスタートし、一時144円18銭へ下落した。現物債市場では、10年債の利回りは横ばいで20年債は小幅低下した。この日は、5年債の入札が予定されている。
 午前11時の先物12月限の終値は前日比1銭高の144円26銭。出来高9368億円。10年債の利回りは同変わらずの0.660%、20年債は同0.005%低下の1.525%だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)