<後場の注目銘柄>=良品計画、「無印良品」アジアで好調

 良品計画<7453.T>は中段三角もち合い上放れの公算が大きい。機関投資家筋の買いも観測されるなか、4月18日の年初来高値9380円払拭が目前、さらに06年5月以来約7年5カ月ぶりとなる1万円大台復帰も視野に捉えている。

 同社は「無印良品」で世界展開を図っているが、13年3~8月期は最終利益が65億1200万円と前年同期比37%増の高変化率を示すなど好調で、14年2月期通期業績も136億円(前期比24%増)と連続ピーク利益更新が濃厚だ。

 中国をはじめとするアジアなど、海外展開の好調が収益を牽引。中国に現地生産品を集約し、世界各国に一括納入することでコスト削減および効率化も推進している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)