ユーシンが急反落、第3四半期3割営業減益を嫌気

 ユーシン<6985.T>が急反落。株価は一時、前日比110円安の670円まで売られている。15日引け後に発表した第3四半期累計(12~8月)連結決算で、売上高603億1800万円(前年同期比30.4%増)、営業利益18億2400万円(同30.3%減)、純利益40億3900万円(前年同期4億9700万円の赤字)と営業減益となったことが嫌気されている。自動車部門で一部海外拠点における生産効率の低下や研究開発費の増加があったほか、産業機械部門で建設機械や工作機械向けの出荷が緩やかな回復にとどまったことなどが利益を圧迫した。
 なお、13年11月期通期業績予想は売上高1100億円(前期比79.9%増)、営業利益40億円(同52.7%増)、純利益42億円(前期15億3700万円の赤字)の従来予想を据え置いている。

ユーシンの株価は13時20分現在722円(▼58円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)