東京計器が商い急増で新高値、好業績材料株として人気化へ

 東京計器<7721.T>が商い急増で大幅高、年初来高値更新となった。先駆材料株の一角だが、ここにきて物色資金が再流入している。航海・航空計器の大手で防衛省向けに実力を発揮しているが、流体関連機器製造にも強みを持ち、流体計測器トップのオーバルと提携して同分野の需要開拓でも実績をあげている。また、船舶搭載用の方位計であるジャイロコンパスの開発製造では、同技術がトンネル掘削機を正しい位置に誘導する方位検出装置として注目され、路線の8割以上がトンネル区間とされるリニア中央新幹線関連としても人気化素地が指摘されている。今3月期営業利益は前期比2割増となる21億8000万円を見込むなど業績回復色が強いことも買いを誘う。

東京計器の株価は13時32分現在315円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)