エナリスや省電舎などが大幅高、電事法改正案再提出を手掛かり材料視

 エナリス<6079.T>が一時ストップ高となったほか、省電舎<1711.T>も大幅高するなど新興株市場の省エネ関連株が高い。政府が15日、電力システム改革のための電気事業法改正案を閣議決定し臨時国会に再提出したと伝わったことが材料視されている。16年には電力小売りの参入自由化で家庭向けの電力供給の地域独占をなくす方針としており、電力需要家に対して電力調達や運用コスト削減のための各種サービスを提供するエナリスや、国内におけるエネルギー削減保証ビジネスの草分け的存在である省電舎などには事業機会拡大への期待が高まっているようだ。

エナリスの株価は13時43分現在1343円(△288円)
省電舎の株価は13時43分現在973円(△114円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)