EGが上値指向、自己資本比率70%の財務評価

 イー・ガーディアン<6050.T>が上値指向にある。スマートフォンなどモバイル端末の急速な普及を背景に、同社が手掛けるSNSなどネット上の投稿監視業務へのニーズが高まっている。13年9月期業績は、監視センター移管などに伴うコスト増加はあるものの、営業利益は前期比利益倍増の1億6500万円予想にある。ただ、会社側見通しは保守的で大きく上乗せされる可能性が高いとの見方が市場では強まっている。また、M&Aなども含め積極的な投資が求められがちなネット関連企業のなかで、同社の場合は有利子負債ゼロで、なおかつ自己資本比率が70%を超えるなど、際立って財務面が強固なことも評価材料。今期は復配の可能性も大きい。

EGの株価は14時55分現在2450円(△34円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)